Crik Press

CONTENTS

crik理事長日記

SPECIAL

はじまりました。

10.10.19



やっと始まった「CRIK PRESS」。
昨日までのドタバタが落ち着き、この日記からNPOやDESIGNを通じて感じたことを綴ります。

今回は、始まりということでCRIK内のアートユニットOSLの2008年の作品『始まりと終わり』です。
この作品は、福岡市内で現代美術を支えてきた「モダンアートバンクヴァルト」の体制変更に向けた最後の展覧会という状況下で制作発表したモノです。詳しい話はまた今度書くとして、このヴァルトがまた復活します。
まさに始まりと終わり。

そんな中、僕がNPOを始める時にイメージした理想型を変更することになりそうです。
少々残念、でも楽しみ。

僕のまわりの面白い奴らと過ごす時間はいつもこんな感じ。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

crik理事長日記

SPECIAL

 昨年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。特定非営...

13.1.1

crik理事長日記

WORKS

9/1、正式ではありませんが福岡県の提案事業『新しい公共』の...

11.9.1

crik理事長日記

WORKS

今日から新しい年度がはじまります。NPO、デザイン会社ともに...

11.4.1

crik理事長日記

WORKS

被災された方、お見舞い申し上げます。ニュースの記事を見ると、...

11.3.12

"デザイン"に関する記事

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

【福岡市博物館だより「Facata」113号発行です】みなさ...

19.1.18

最適化へ

PROJECT

福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」の開館30周年を記...

18.12.10

ふくおか共創プロジェクト

PROJECT

さあやってきました、クリックプレス、11月号第1号です。今回...

18.11.1

「福岡市都市景観賞」を中心とした景観への意識高揚事業

PROJECT

以前、CRIKPRESSの中でご紹介した「FUBA」を覚えて...

18.10.20

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   教育   アート   都市   子ども   公園   歴史   ブランディング   環境      健康   道の駅