Crik Press

CONTENTS

自治会のこと

PROJECT

【もっと知ってほしい自治会のこと】

19.7.17

市内で既に配付中。このカラフルな表紙が目印

みなさん、こんにちは!新人Nです。
このたび、CRIKは福岡市市民局の「ふくおか自治会ミニブック 自治会のことがわかる本〜ジチナビ」を制作しましたので、お知らせします!

会議や説明会のイメージ。たまに重い時もあります

突然ですが
自治会(町内会)って聞くと、どんなイメージが湧きますか?

なんか大事そう、とか。なんか大変そう、とか。清掃とか防犯活動をしているなぁとか。
そんな感じでしょうか・・・。

お恥ずかしい話ですが、私は地域活動やまちづくりに多くの取り組んでいるCRIKに在籍しながら、どうもこのあたりのワードはおじいちゃんたちが頑張っているヤツ・・・くらいの認識しか持ってない状況でした。(ただいま自治会・地域、まちづくりについて絶賛勉強中)

しかし今回、ミニブック制作にあたり、実際に校区の自治会を訪問し、役員の方々にヒアリングを重ねる中で、自治会の新しい一面に出会い、イメージが変わりました!今日はちょっとそんな話を聞いてください。

自治会のありがたさや必要性って、なかなか活動に参加できない人にとってはイメージしにくいものかもしれません。しかし、ちょっと思い返してみると、清掃活動や子どもたちの登下校の見守り、防犯パトロール。そんな地域活動を目にしたことありますよね。


今年のラブアースの風景。主役はシニアのみなさんです

ちゃんと知らないだけで、自治会の活動に支えられているまちの安全ってたくさんあるんです。しかも、担い手の大半が地域の高齢者の皆さんという現実。あらためて感謝の気持ちがこみ上げてくるし、自分にも何かできることってないかな・・・、自分もこの安心安全な暮らしを支えたい・・・って感じました。

100団体を超える自治会にお邪魔したヒアリングでは、活動が大変だー!という声が多く飛び交っていましたが、そこには凄まじいエネルギーもありました。そして、大変だから活動をやめたいっていうネガティブなものは少なく、大変だけど楽しくて意義のあることだから、もっとたくさんの人に関わってもらえるように、「仕組みを整えたい」「楽しい交流を考えたい」というポジティブな声がたくさんあって、思わず感動してしまいました。

しかし現実としては、活動を一緒に担ってくれる人をずっと探している状況。自治会の担い手不足は深刻になっています。地域の課題は多様化し、それに向き合おうとすればするほど活動も増え、「とにかく、めちゃくちゃ忙しい」という状態が、担い手の高齢化とも相まって、各地でその深刻化はエンドレスなものとなっています。


高齢化にともない、シニアがシニアを受付する風景も多いです

自治会活動って地域には必要不可欠。だけど担い手不足していて、その他の課題もいろいろ。んーーーーー。大事な取り組みなのに、うまく機能できていない現状に、もう一度デザインから考え直すべき匂い(つまり私たちの出番)をプンプン感じます。

CRIKは、うまく機能できていない状況をちゃんと整理して最適化させることが、多くの社会課題をいい方向に向かわせる方法なんだと考えています。


(※写真キャプ 実際の活動で撮った写真も満載です)

今回発行したミニブック。手に取りたくなる可愛い表紙、読みやすい分量、持ち帰りやすいサイズ感。少しでも多くの方に、自治会について、まずは興味を持ってもらうことからはじめてほしくって、デザインしてみました。自治会の活動をぜひ(とくに参加していない皆さんに)知ってほしい!という思いが詰まったものです。自治会活動の魅力はもちろん、自治会活動の意義や楽しさも伝わってくる内容となっています。

まずは、自治会という言葉だけで耳を塞がずに、興味や関心がある活動だけでも参加してほしい。そんな、「楽しさ」が自治会活動の新しい入り口になるといいなと思います。
素敵な取り組みを見つけると、自分の住んでいるまちに誇りが持てますし、いつものと違ったまちの姿も見えてきます。また、自分のアイデア次第で、まちをどんどん変化していけるのも自治会の大きな魅力です。


楽しい地域のおまつりも、自治会や地域の人で支えられています

自分のまちのことを自分で考えるきっかけに。
自分のまちのことをもっと好きになるきっかけに。

このブックは、カバンにサッと入るA5サイズ。市役所はじめ区役所でお手にとっていただくことができます。あなたの自治会へのイメージが変わるかもしれません!?

"市民活動"に関する記事

ふくおか共創プロジェクト

PROJECT

先日、第12回ふくおか地域の絆応援団セミナー&交流会が行われ...

19.11.18

灯明ウォッチング

PROJECT

10/19(土)、博多部一帯で行われた『博多灯明ウォッチング...

19.10.21

CRIKファーム

PROJECT

4月から始まったCRIKファーム。実は僕(新人N)も4月入社...

19.9.28

はたらくふくおか

PROJECT

「はたらく」というのは不思議な言葉です。「かせぐ」とも少し違...

19.9.14

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   都市   教育   アート   歴史   公園   子ども   ブランディング   環境      健康   道の駅