Crik Press

CONTENTS

crik理事長日記

SPECIAL

ブランドについて

10.11.22

ネクサスワールド

ネクサスワールド内のスティーブンホールに住んで3年ぐらい。
「高かったでしょ」っていわれるけど、そうでもない。
思ってるより普通の値段です。だって20年以上経過してるから。
そう思うと、高いかも。でも、まぁいいかって気になる。

たくさんのメリットがあるから。

ここに住んでから、日常の中にデザインが入り込んでくる。
住人もデザイナーが多く、こちらのリズムとあった毎日がとても暮らしやすい。
デザインも確かに優れているけど、ここに価値をみつける人たちがご近所であることが何よりもすばらしい。

ネクサスワールドは表層的デザインを売った訳ではなく、新しい価値を作って売っている。
それが20年経った今でも、普通に存在する。

やっぱり、ブランドとはこうあるべきだ。
価値を作り出し、共有する。
シンプルなこの動作だけは、続けなきゃ。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

crik理事長日記

SPECIAL

 昨年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。特定非営...

13.1.1

crik理事長日記

WORKS

9/1、正式ではありませんが福岡県の提案事業『新しい公共』の...

11.9.1

crik理事長日記

WORKS

今日から新しい年度がはじまります。NPO、デザイン会社ともに...

11.4.1

crik理事長日記

WORKS

被災された方、お見舞い申し上げます。ニュースの記事を見ると、...

11.3.12

"空間"に関する記事

ミニふくおか

PROJECT

ホントの新人、一年目のNです。Nがたくさんいるので通称&ld...

19.8.27

「福岡市都市景観賞」を中心とした景観への意識高揚事業

PROJECT

「まちなみ写真コンテスト」…皆さん知っています...

19.8.13

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

大変お待たせしました。Facata115号の登場です。本年度...

19.7.30

CRIKファーム

PROJECT

総会も終わりひと段落。過日、「ポジティブブレイク(※総会でも...

19.6.14

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   都市   教育   アート   歴史   公園   子ども   ブランディング   環境      健康   道の駅