Crik Press

CONTENTS

小倉サイン計画

WORKS

地域と人をつなぐデザインプロジェクト

10.9.1


小倉都心部のサインを改修するにあたって、「北九州市景観ガイドライン」を遵守し、市民が愛着を持って受け入れてもらえること、今までの小倉駅周辺が持っている景観を損なわないことを重視してデザインしました。また、「ランニングコストを軽減」を実現するため、サイン筐体はシンプルなデザインを基本とした、管理しやすい構造となっています。
実際に設置された様子が以下の写真になります。

すこしデザインが変更されてしまいましたが、現在では、街や人にやさしいサインとして生活にとけ込み、小倉に新たな価値を生み出しています。

"空間"に関する記事

最適化へ

PROJECT

福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」の開館30周年を記...

18.12.10

地域コミュニティ活性化

PROJECT

急激に寒くなってきましたね。ヒートテックを重ね着して、寒さを...

18.11.21

「福岡市都市景観賞」を中心とした景観への意識高揚事業

PROJECT

以前、CRIKPRESSの中でご紹介した「FUBA」を覚えて...

18.10.20

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

芸術の秋ですね。この季節になると、食を楽しみ、季節の移ろいを...

18.10.1

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   教育   アート   都市   子ども   公園   歴史   ブランディング   環境      健康   道の駅