Crik Press

CONTENTS

ふくおか共創プロジェクト

PROJECT

第12回ふくおか地域の絆応援団セミナー&交流会

19.11.18

先日、第12回ふくおか地域の絆応援団セミナー&交流会が行われました。
「ふくおか地域の絆応援団
(https://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/community/life/chiikinokizunaouendan.html)」とは福岡市の行う自治協議会と市がパートナーとして、企業や商店街、NPO、大学などの様々な主体と地域の未来を共に創り出す「共創」の取組みの一つ。今回のセミナー&交流会は取組みの輪を広げるために開催されています。

過去にこのCRIK PRESSでも取り上げた「ふくおか共創プロジェクト」。
【「共創」が、まちの新しい関係を作る!】http://crik.jp/index.php?id=327
【「共創」がわかるサイト、やってます】http://crik.jp/index.php?id=343
具体的にどんなことをしているのかはサイトの活動日誌をご覧ください
【活動日誌一覧(ふくおか共創プロジェクトHP内)】 https://ccp-f.jp/?page_id=38


事業について説明

(画像キャプション:今日はどんな立場の人がいらっしゃってますか?企業の人?地域の人?)
さて、まずは共創コネクターから事業について説明。過去のプロジェクトも紹介されました。
プロジェクト並べてみると地域と学校や企業などの間に「そんな形の連携もあるんだ」と改めて思わされます。

SUNOKO Styleの取り組み

(画像キャプション:とってもプレゼン慣れしていらっしゃって、さすが「広報」)
地域活動を生き生きと語る簀子自治協議会広報担当の濱本さん。
校区のデータをもとにマーケティングを行い、「やりたいこと」ではなく「求められること」を提供した結果、予想を超える集客を達成された経緯を語っていただきました。データから地域には女性が多いことがわかり、時には(周囲の目を気にしながら)本屋さんで女性誌を立ち読みしたりしながら「求められること」を調べた結果、「日曜サロン」というイベントを立ち上げられました。その延長線上に400人を動員する「おそとでシネマ(詳細はhttps://www.facebook.com/kyousou.f/posts/2571988686196393)」が開催されます。地域活動での「人が集まらない」という課題に対して、マーケティングという一つの解決策が示されたように思います。


ワーク始まります

会の後半はプチワーク&交流会。
普段はNPOやデザイン、建築といった専門性を持った共創コネクターによるプチワークでは、「地域と関わる企画を考える」ワークシートを使って参加者の皆さんの状況を整理し、実施してみたい企画のイメージを描いていきます。

これがワークシート

集中!

集中集中!

参加者の皆様、真剣にワークシートに向き合っています。

企画のイメージが出来上がったらグループで共有します。みなさんお話が盛り上がって終了の時間になってもなかなか終わりません。最後には参加者の方から全体に向けて「こんなことを考えていますけど一緒にやりませんか」とプレゼンテーションもありました。


共有中

共有2

(まとめ)
企画・運営する人も参加する人も「楽しい」イベントは、たくさんの繋がりを作ります。
SUNOKO styleの事例紹介でも「楽しいイベントには『自分にも何か手伝わせて』と人が集まってくる」という話がありました。町内会や自治会の地域組織が求められるのは、「本当に困っていること」に関わる地味でキツい場面もあります。古くから続くコミュニティに、単なる機能としては一見不要に思える「楽しみ」(お祭りや宴会など)が内包されていることは、「本当に困ったとき」に求められるコミュニティの力を、つながりという形で涵養しているのでしょう(CRIKもだからこそ日々の「楽しさ」や「面白さ」に手を抜きません!こんなこととか→http://crik.jp/index.php?id=337)。「楽しさ」で人をつなぐのは人の気持ちに即した最適化だと思えます。だからこそ考え抜いて、「やりたいこと」ではなく「求められていること」を地域に提供する姿勢はとってもカッコいい。きっと会場の皆さんにもそのカッコよさはシェアできたと思います。

その地域の住民同士ももちろんですが、共創プロジェクトを通して自治会・企業・NPOといった組織同士も日頃から繋がり持つことで、お互いの「困りごと」をシェアし、「できること」を持ち寄って解決することができるようになります。そんな地域づくりができる福岡市を目指して今日も共創プロジェクトが各所で進行中です。「ふくおか共創プロジェクト」のHP(https://ccp-f.jp/)やFacebook(https://www.facebook.com/kyousou.f/)のチェックして、「わたしのまちでもこんなことできるかも?やってみたい!」を探してみてください。

このプロジェクトの過去の記事

ふくおか共創プロジェクト

PROJECT

CRIK PRESS更新です。今回はその後の「ふくおか共創プ...

19.7.23

ふくおか共創プロジェクト

PROJECT

さあやってきました、クリックプレス、11月号第1号です。今回...

18.11.1

"まちづくり"に関する記事

CRIK修学旅行の巻

SPECIAL

さあ!今年も学ぶぞ!ということで。昨年から始まりましたCRI...

19.11.27

灯明ウォッチング

PROJECT

10/19(土)、博多部一帯で行われた『博多灯明ウォッチング...

19.10.21

ミニふくおか

PROJECT

ホントの新人、一年目のNです。Nがたくさんいるので通称&ld...

19.8.27

ふくおか共創プロジェクト

PROJECT

CRIK PRESS更新です。今回はその後の「ふくおか共創プ...

19.7.23

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   都市   教育   アート   歴史   公園   子ども   ブランディング   環境      健康   道の駅