Crik Press

CONTENTS

CRIKファーム

PROJECT

ファーム行ってます!

19.6.14

総会も終わりひと段落。

過日、「ポジティブブレイク(※総会でも掲げた今期CRIKのテーマの一つ)」としてCRIK FARMへ行ってきました。
向かう車中、職員の家人からは「わぁ、もう田植えの時期なんですね」という声。
CRIK FARMの周りは田んぼも畑もあるルーラルな風景が広がっています。とても市内とは思えません。

さて、CRIK FARMもといかなたけの里公園に到着。
最初は今日することの講座を受けます。

専門用語が。早く覚えなきゃ!

この講座、専門用語がバシバシ出てきてメモも追いつかず。
テキシン、ユウスイ、ハチハチハチ、コヅル、ダントツ・・・全くわからない・・・

ある意味、スターですね。皆、羨望の眼差し

物は試し、畑に行って実際に何をするのか、先生に教わります。

習ったことと、こんな感じかなと言うこと。知識と勘が大事です

が、自分たちでやってみると
「このつる、本当に切っていいの?」
「どこまでとっていいの?」
と慣れない作業に不安になることしきり。

最後は先生の巡回で「ここ、もっと取らないとダメだよ」と指導が入りました。
うう、野菜さんたち、上手くできなくてゴメンね。

畑の養生とともに収穫も進んでいます。
今回はCRIKメンバーの家族も参加。
子供達が収穫します

人生初の、野菜

キュウリ!

上手!

ピーマン!

この日の収穫はコチラ

綺麗だな、と言うのが野菜に感じた印象でした。青々。

(右上から時計回りに)
ピーマン、キュウリ、ナスにスイスチャード(ほうれん草の仲間?)です。

植物の枝やツタ、芽の方向から「こんな風に育ちたい」というのがわかります。
その一方、僕たち人間の「美味しい野菜が生(な)ってほしい」という願いに、植物側に(ちょっと痛いかもしれないけど)合わせてもらう。
この植物と人間のやり取りの中に、コミュニティづくりの大切な部分があるように思います。

野菜って採れると嬉しいですね。

次はどんな野菜がとれるかな?楽しみです♪

このプロジェクトの過去の記事

CRIKファーム

PROJECT

4月から始まったCRIKファーム。実は僕(新人N)も4月入社...

19.9.28

CRIKファーム

PROJECT

新年度になりましたが、CRIK今期のNEW!NEW!NEW!...

19.4.7

"NPO"に関する記事

ふくおか共創プロジェクト

PROJECT

先日、第12回ふくおか地域の絆応援団セミナー&交流会が行われ...

19.11.18

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

発行から少し期間が空いてしまいましたが…出てい...

19.10.31

灯明ウォッチング

PROJECT

10/19(土)、博多部一帯で行われた『博多灯明ウォッチング...

19.10.21

ミニふくおか

PROJECT

ホントの新人、一年目のNです。Nがたくさんいるので通称&ld...

19.8.27

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   都市   教育   アート   歴史   公園   子ども   ブランディング   環境      健康   道の駅