Crik Press

CONTENTS

CRIKファーム

PROJECT

【CRIK、遂に!土に触れる】

19.4.7

新年度になりましたが、CRIK今期のNEW!NEW!NEW!はまだ継続中です。

今度のNEWは、ちょっと突発的な感じもありますが。
土に関わろう、畑で農作物を育ててみよう、という団体初の取り組みです。

今回の舞台は、かなたけの里公園です

私たちが日々を過ごしている九州は、ちょいちょい忘れがちですが、豊かな自然の恵みを享受して生きている場所です。特に農業、そしてそこに関わる方々の努力が、多くの人々の毎日を支えています。

今回私たちは縁があって、この春から1年間、土に触れる機会、作物を育てる体験をする機会を得ました。場所は郊外にある「かなたけの里」公園。中心地から30分ぐらいで来れるのに、のどかな田園風景が広がります。CRIKはこちらの農園の畑をお借りして、挑戦をはじめます。

農場長YASHIKI。期待しています!

今回のプロジェクトリーダーは、この春「CRIKファーム農場長」という係に任命された当団体の最年長、YASHIKIです。英語で書いたのはそんなに意味ありません。強いて言えば漢字が難しいぐらいです(笑)全員、農場長を信頼し、期待しております。この日はリーダーの誘導でメンバーは初めて現場に到着。晴天にも恵まれ、挑戦が始まりました。

青空の下でのレクチャー。風に吹かれて聞けます。

とは言え、農業体験はほとんどのメンバーが初体験です。何事もまず基本から。「かなたけの里」のスタッフの方、実際の作業を教えてくれる指導員の方から、農園の概要、畑の土の状態や段階の説明、そして実際に行う作業の、道具の使い方、段取りについてレクチャーがありました。これから私たちは必要な講習を受けて、必要な作業を積み重ねていくことになります。

山口さん。技術だけでなく、教え方もスムーズ。リスペクト!

この日はメンバーが総出で、土づくり(土壌改良剤散布)や畝立て(整地)を行いました。晴天ではありますがそこは農地。我々このフィールドは素人なんです!指導員山口さんの熟練の作業を見て、「わー。できるかなぁ」なんて思いながら。作業は始まりました。

メンバー総出の景色。なんか爽やかですね

そんな感じで最初は恐る恐る始めたのですが、そこはウチ。徐々に気合が入っていきます。ちょっと経験のあるメンバーも実力発揮。「そこまだ?」「腰が入っとらん!」「暑い〜」とか言いながら、あるいは黙々と作業するメンバー。初めての体験であっても、どこか楽しそうにサクサク動くのでした。

「マルチ」「平鍬」「三角ホー」など知らなかったけど、これから世話になる道具たち。初めまして。そしてこれから恵みを生んでくれる土地。我々はここを『CRIKファーム』と名付けました。春夏秋冬の野菜も楽しみですが、そしてそれ以上にわたしたちが土に触れ、自然の魅了に触れ、メンバーの普段とは違う表情を見ることができました。この機会にお互い、自分たちのチームの良さを知り結束を深められることができればいいなぁと。そんな想いもあります。

みんな楽しく作業していきます

さて、どうなりますか。
楽しくやっていきます、次の報告をお楽しみに。

このプロジェクトの過去の記事

CRIKファーム

PROJECT

4月から始まったCRIKファーム。実は僕(新人N)も4月入社...

19.9.28

CRIKファーム

PROJECT

総会も終わりひと段落。過日、「ポジティブブレイク(※総会でも...

19.6.14

"空間"に関する記事

灯明ウォッチング

PROJECT

10/19(土)、博多部一帯で行われた『博多灯明ウォッチング...

19.10.21

ミニふくおか

PROJECT

ホントの新人、一年目のNです。Nがたくさんいるので通称&ld...

19.8.27

「福岡市都市景観賞」を中心とした景観への意識高揚事業

PROJECT

「まちなみ写真コンテスト」…皆さん知っています...

19.8.13

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

大変お待たせしました。Facata115号の登場です。本年度...

19.7.30

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   都市   アート   教育   歴史   公園   子ども   ブランディング   環境      健康   道の駅