Crik Press

CONTENTS

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

Facata112号がリリースされました

18.10.1

芸術の秋ですね。この季節になると、食を楽しみ、季節の移ろいを感じ、そして、博物館に行きたくなりませんか?ということで、季刊発行の福岡市博物館だより「Facata 」112号が発行されました!!

今回も、見たくなる展示作品の写真を表紙にフィーチャー

今回も博物館の魅力を紹介だ!
発行記念に、私、新人IとベテランH。仏像大好きコンビが興奮気味に観賞して来たのが、「特別展九州の浄土美術」!です。
(Facataの表紙とP 2,P3をご参照ください)

この蓮の花の色が、なんとも言えない味。

実はこの特別展示は、福岡市博物館の威信をかけた展示なのです。
ちょっとオーバーな表現の気もしますが。通常行われる特別展示は、全国の美術館や博物館、催事会場を巡回する規模のものも多いのですが。本展「浄土九州」は、博物館の学芸員Sさんが情熱と渾身の努力で企画した、独自の研究成果や貴重な資料が並びます。博物館大プッシュの展覧会なのです。

新人Iは、「有難い大仏に会えるのかな。」「美しい曼荼羅が見られるかな」と想像を膨らませて展示会場へ。最初は入口付近にある「輪廻ルーレット」を回して、「あ、来世は畜生になった。ああ…」などと言いながら、キャピキャピ遊んでいたんですが…

ここが地獄の1丁目…?輪廻ルーレット。回すと来世が見える?

展示の順番を進んで行くうちに気づきました。ん?これは。
一言で言うとずばり「泣く子も黙る」!そう、なかなかこの展示、精神世界に食い込むというか、与えるものがリアルなのです。

例えば、「地獄図」。
平安時代後期に末法思想が広まりました。人々は地獄への怖れと同時に極楽浄土への憧れを強め、阿弥陀如来に救いを求めたと言われています。その荘厳で強烈なイメージは人々を信仰の世界に導きました。人々の怖れを引き出す、「地獄図」。リアルに怖いんです。
「悪さをすると地獄に落ちる」
という教えはなんとなく小さい頃から体に染み付いていますが(もちろん、そうでない方もいらっしゃると思います)
この地獄図を見ると、「もう、一生悪いことはしない!」と決心するほど、すごいんです。泣く子も黙るというより、泣く大人も黙るくらいの迫力があります。

いやー!博物館、攻めてます!

この特別展は、単純に九州の仏像を展示しているのではなく、仏教や宗教の考え方に、触れることが出来る稀有な展覧会です。仏教や宗教の考え方を知らない海外の方も、違う宗派の方も、音声ガイドや解説で理解を深めることができます。

担当学芸員のブログより。涅槃で…待つ?

もちろん怖い展示だけじゃないんですよ!こうやって展示物を落ち着いて見れるのも、貴重な体験です。私たちは、ありがたい曼荼羅を前に、思わず正座して見ちゃいました。しかし、写真を見てわかるように、学芸員さんはとてもユニークに鑑賞を楽しんでいます。皆さんも、大仏さまのように寝転がってみてみてはいかがでしょうか?

そのほかにも、博物館はより、展示物の理解を深めるためにいつも、沢山の学びの場所を提供してくれています。

関連図書の充実は、なかなかなのです。

まずは図書館。何っ!博物館に図書館(図書室)があることを知らなかった?!
…ご安心ください、私も知りませんでした!実は博物館には図書館があるのです。
秘密基地のような雰囲気です。
中に入ると、関連の図書コーナーが設置されています。
博物館から外の景色をながめながら優雅に読書を楽しまれてはいかがでしょうか?

関連図書の販売。過去の展覧会の図録なんかも手に入ります。

そのほかにも、売店にて関連図書を販売したり、今回は特例として展示会独自の3ヶ国語のチラシが出来ています。
理解を深めることができる努力って、とっても大切にされているんだなぁと感じました。

今回は、館の威信をかけた特別展示を肌で感じ、私たちが気づかぬうちに、楽しく学べる博物館の素顔を見ることができました。その裏には関わる人全員の挑戦があったのだと思います。

学芸員のみなさまとつくる福岡市博物館だより「Facata 」も、そんな博物館の挑戦を担う一つのメディアになることを、いつも考えています。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

福岡市博物館だより「Facata」111号が発行されました。...

18.7.1

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

 私たちは、福岡市博物館の広報誌である、福岡市博物館だより「...

18.4.5

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

この秋、25周年を迎えた福岡市博物館。その博物館と同じ25周...

15.10.8

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

福岡市博物館だより「Facata」99号を制作いたしました。...

15.7.9

"歴史"に関する記事

「福岡市都市景観賞」を中心とした景観への意識高揚事業

PROJECT

うちのWEB「CRIKPRESS」のトップ画面左上部、ひとき...

18.7.20

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

福岡市博物館だより「Facata」111号が発行されました。...

18.7.1

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

 私たちは、福岡市博物館の広報誌である、福岡市博物館だより「...

18.4.5

地域コミュニティ活性化

WORKS

福岡市西区発行のメディア「西区バス旅」散策マップを制作しまし...

18.3.27

©2018 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   教育   アート   子ども   公園   都市   歴史   環境   ブランディング      健康   道の駅