Crik Press

CONTENTS

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

福岡市博物館だより「Facata」98号が発行になりました。

15.3.26

福岡市博物館だより「Facata」98号を制作いたしました。

今回の目玉は、2011年にユネスコの世界記憶遺産に認定された山本作兵衛の展覧会『山本作兵衛の世界ー記憶の坑道ー』です。一坑夫でありながら、およそ1000枚に及ぶ炭鉱の記録画を遺した存在として、その作品の価値が大きくクローズアップされています。展覧会では作品の修復作業の説明など、貴重な資料も交えながらの展示となるそうです。楽しみですね!

横にあるのは田川の美術館の図録です。

また今号では新年度を迎えて、学芸員の皆様が満を持して発信する企画展示が7本紹介されたり、3館連携の企画「冬のおとなミュージアム」のレポートがあったりするなど、ホットな博物館ならではの情報が満載です。ぜひお手にとってごらんください。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

 私たちは、福岡市博物館の広報誌である、福岡市博物館だより「...

18.4.5

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

この秋、25周年を迎えた福岡市博物館。その博物館と同じ25周...

15.10.8

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

福岡市博物館だより「Facata」99号を制作いたしました。...

15.7.9

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

福岡市博物館の年間スケジュール(平成27年度版)を制作させて...

15.4.5

"教育"に関する記事

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

 私たちは、福岡市博物館の広報誌である、福岡市博物館だより「...

18.4.5

新参者たち

WORKS

久しぶりの更新となります。春間近ですが、CRIKもいつのまに...

18.3.1

CRIKの仕事メディア

WORKS

当団体の”黄色い衝撃”!。CRIK ...

17.9.7

CRIKの仕事メディア

PROJECT

団体パンフ。堂々の完成報告です。九州コミュニティ研究所のミッ...

15.10.20

©2018 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   デザイン   メディア   ローカル   まちづくり   文化   教育   空間   公園   アート   子ども   歴史   都市   環境      ブランディング   道の駅   健康