Crik Press

CONTENTS

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

福岡市博物館だより「Facata」95号を制作しました。

14.6.25

昨年度に引き続き、福岡市博物館さんとの共働事業が始まっております。

まずは博物館さんが季刊で発行している情報誌「Facata(ファカタ)」の制作です。

来年で25周年を迎える福岡市博物館の大切なメディアとして、開館当初からずっと発行されてきた情報誌。中身の連載も既に91回を数えるものがあるなど、実はなかなかの格式を持った紙冊子でした。
そのような館にとって大切なメディアをつくらせていただく責任も感じながら、カタログ的だった紙面に独自の「特集」感や「現場」感も感じてもらうコンテンツをご提案させていただき、より博物館の貴重な収蔵品や展覧会への興味、博物館自体の親しみを覚えていただく誌面づくりを目指しました。

特集は軍師官兵衛!

表紙の雑誌名ロゴも一新です

「あれ、情報誌が変わったな」と思っていただければ嬉しいです。是非お手に取ってご覧ください。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

福岡市博物館だより「Facata」111号が発行されました。...

18.7.1

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

 私たちは、福岡市博物館の広報誌である、福岡市博物館だより「...

18.4.5

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

この秋、25周年を迎えた福岡市博物館。その博物館と同じ25周...

15.10.8

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

福岡市博物館だより「Facata」99号を制作いたしました。...

15.7.9

"市民活動"に関する記事

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

福岡市博物館だより「Facata」111号が発行されました。...

18.7.1

CRIKのこと

PROJECT

【第14期 通常総会を開催!】特定非営利活動法人 九州コミュ...

18.6.15

お知らせ

WORKS

6月突入。蒸し暑い風が梅雨を告げたら、そう。総会があるのです...

18.6.8

CRIK修学旅行の巻

SPECIAL

CRIK修学旅行。楽し過ぎて時間が押しちゃいながら、どんどん...

18.6.1

©2018 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   アート   教育   公園   子ども   歴史   都市   環境   ブランディング      道の駅   健康