Crik Press

CONTENTS

あかりのわプロジェクト

PROJECT

集まったメッセージ、大切にあかりを灯す。

13.3.14

2013年3月11日。
東日本大震災発生から、2年が経ちました。

福岡から何か出来ることはないかと、私たちは「あかりのわプロジェクト」を始動しました。
私たちが長い間取り組んできた灯明イベントの際に、来場者にメッセージキャンドルを募り、その想いを東北のみなさんに届けるという活動です。

震災発生からこれまでの間に実施してきた灯明イベントの中で、支援金とともに集めてきた1,100以上のメッセージ。昨年集まったメッセージキャンドルをつかって、博多小学校にあかりのわをつくりました。
たくさんのメッセージが「あかりのわ」になりました。
子どもからお年寄りまで、色んな世代の方々に描いていただいていたメッセージキャンドル。それはどれもあたたかく、ひとつひとつは小さなあかりでも、「わ」になってそれが大きく、明るくなり、希望の光のように見えました。
子どもたちも一生懸命描いてくれています。
それぞれのメッセージが、たくさんの人へとつながっていく。
長い復興の過程で、私たちはこの活動を通して「想いを届ける」支援を続けていけたらと思います。

これまでメッセージキャンドルづくりにご協力いただいたみなさま、また今回、会場を提供してくださった博多小学校のみなさま、ありがとうございました。
まだまだ完全な復興までは長い道のりだと思います。これからもいっしょに応援していきましょう。
メッセージが届きますように。

"アート"に関する記事

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

発行から少し期間が空いてしまいましたが…出てい...

19.10.31

灯明ウォッチング

PROJECT

10/19(土)、博多部一帯で行われた『博多灯明ウォッチング...

19.10.21

ミニふくおか

PROJECT

ホントの新人、一年目のNです。Nがたくさんいるので通称&ld...

19.8.27

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

大変お待たせしました。Facata115号の登場です。本年度...

19.7.30

©2019 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   都市   アート   教育   歴史   公園   子ども   ブランディング   環境      健康   道の駅