Crik Press

CONTENTS

本日の学び

SPECIAL

「ノートの可能性」について当団体が取材を受けました

11.10.15

ノートとは「思考のツール」にどこまで成り得るのかーというなかなか興味深いお題を研究されている、九州大学大学院 総合新領域学府 ユーザー感性学専攻 修士課程 感性価値クリエーションコースの木村浩栄さんから当団体が取材を受けました。取材は10月の7日と14日の2回、それぞれ当団体理事長と、理事の橋口の2名が対応いたしました(写真は14日のもの)

木村さんはクレバーかつ真面目な印象の方で、とても面白い話をすることができたと思います。私はちょっと喋り過ぎたかなぁ…とは思うんですが、木村さんご容赦下さい。

手前に積み上げられているのは、橋口の8年分のノートです。

両日に集めた情報を含むたくさんの方々のヒアリングを経て、研究結果をまとめられるとのこと。カタチになったら是非拝見させてくださいねー。楽しみにしております。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

本日の学び

WORKS

6月7日(日)に行われた、NPO法人福岡建築ファウンデーショ...

15.6.16

本日の学び

SPECIAL

本日はみなさまにどうしてもお伝えしたいニュースがあります。当...

12.5.25

本日の学び

SPECIAL

2012年2月8日〜2月25日まで、博多区千代のギャラリー、...

12.2.27

本日の学び

SPECIAL

ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」の2012...

12.2.8

"デザイン"に関する記事

「福岡市都市景観賞」を中心とした景観への意識高揚事業

PROJECT

うちのWEB「CRIKPRESS」のトップ画面左上部、ひとき...

18.7.20

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

福岡市博物館だより「Facata」111号が発行されました。...

18.7.1

CRIKのこと

PROJECT

【第14期 通常総会を開催!】特定非営利活動法人 九州コミュ...

18.6.15

お知らせ

WORKS

6月突入。蒸し暑い風が梅雨を告げたら、そう。総会があるのです...

18.6.8

©2018 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   教育   アート   公園   子ども   歴史   都市   環境   ブランディング      健康   道の駅