Crik Press

CONTENTS

灯明ウォッチング

WORKS

博多灯明ウォッチング、着々準備中!

11.10.4

今回で17回目を数える「博多灯明ウォッチング」。
博多部を中心として複数のスポットで同時に行われ、
町がやわらかな灯明のあかりでいっぱいになるこのイベント。
今年は10月22日(土)に開催されます。

私たち九州コミュニティ研究所も、
博多ふ頭周辺、ベイサイドプレイス博多から博多港国際ターミナルまでを
結ぶエリアのディレクションを担当させてもらいます。
「博多港国際ターミナル」は、今年から新たに加わったエリアです。
できたてホヤホヤ?こんな感じのところです。(結構広いです)
奥に見える方の通路はまだまだ工事中のようでしたが、
この博多港国際ターミナルとベイサイドプレイスエリアが「つながる」ということがポイントなんです。

ベイサイドプレイス博多灯明のキーワードは「音楽」と「つながる」。
絵柄は当日までのお楽しみにしておきますね!
ぜひ、10月22日は灯明ウォッチングに足を運んでくださいね。

具体的なプランについて、福岡市コンベンション推進係のIさんやHさん、
ベイサイドプレイスのMさんなどのメンバーを交えて詰めていっています。
この仕事がとてもクリエイティブだと思うことの一つの理由として、
たくさんの関係者がいる中、「みんなで進めている空気が常に漂っていること」があります。

ベイサイドプレイスMさん考案の灯明システム!
例えば、この写真。ベイサイドMさんの工夫の末、生まれた新しい灯明のかたち。
砂ではなくて氷を使ったら、片付けが楽になるのでは!?というナイスアイデア。
このアイデアなんかは出来る範囲で、出来ることを最大限にやろうという気持ちがビシビシ伝わってくるんです。
とてもありがたく、面白いなぁと感じながら、僕たちもデザインをさせてもらっています。
準備はまだまだたくさんですが、当日の成功に向けて着々と進めていきます。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

灯明ウォッチング

WORKS

いよいよ、博多灯明ウォッチングの季節になりました。当団体は、...

14.10.10

灯明ウォッチング

WORKS

10月20日(土)。博多灯明ウォッチングが行われました。一時...

12.10.20

灯明ウォッチング

WORKS

いよいよ明日から10月ですね。いよいよ秋到来。博多の秋といえ...

12.9.30

灯明ウォッチング

PROJECT

先月末、博多灯明ウォッチング2012の打合せにメディア担当と...

12.8.10

"アート"に関する記事

CRIKの仕事メディア

WORKS

当団体の”黄色い衝撃”!。CRIK ...

17.9.7

CRIKの仕事メディア

PROJECT

団体パンフ。堂々の完成報告です。九州コミュニティ研究所のミッ...

15.10.20

福岡市博物館ブランディング事業

WORKS

この秋、25周年を迎えた福岡市博物館。その博物館と同じ25周...

15.10.8

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

福岡市博物館の年間スケジュール(平成27年度版)を制作させて...

15.4.5

©2017 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   デザイン   メディア   ローカル   まちづくり   文化   空間   公園   アート   子ども   教育   歴史   都市   環境      道の駅   健康   ブランディング