Crik Press

CONTENTS

crik理事長日記

WORKS

新しい公共について

11.9.1



9/1、正式ではありませんが福岡県の提案事業『新しい公共』の結果が発表されました。
うちのNPOは、主体が1つ、共同提案が1つの全部で2案提案していました。
結果は、2案とも残念ながら不採用。

社会ニーズの高い公共性を考え、自分たちのスタイルよりも効果を最優先に事業を進めていると自負している僕たちですが、これは提案した僕らの考える公共性が新しくないor公共性がないのどちらかの判断をくだされているのだと思います。
ただ、この提案には各自治体、具体的に言うと福岡市市民局&南区公園維持課の皆様、宗像市商工観光課の皆様をはじめとしたたくさんの協力者の皆様には、お忙しい中、僕らにつきあっていただきました。
この提案を組み立てていく中で、僕たちは「行政が今やれていないこと」「これから社会に必要になること」を協力者の皆様と積極的に話し合い、共通の理解を生むプロセスを体験することができました。
少なくとも、行政の中にもイケてる人たちがたくさんいて、ともに楽しみながら仕事を進めることのできる人たちがいるというのは収穫でした。
残念な結果となってしまいましたが、本当にありがとうございました。
また、皆様と一緒に業務を進めることがありましたら、誠心誠意取り組ませていただくことをお約束します。


それとはかわって、僕らのNPOがうぬぼれていて、若くて信用もなく、アイディア自体がいまいちだったという前提にたったとしても、福岡県のこの提案事業は、ひどいものでした。プレゼンの時間も直前変更があったり、発表のスケジュールも後回し、その他もいっさいプラン提出者への連絡もなしと、NPOを都合のいいようにとらえているフシがありました。
本当に、こんなプロセスで選ばれたアイディアが成長できる公共になれるのかは疑問が残ります。
それでも、採用された提案はありますので、新しい公共性を期待しつつウォッチャーとして観察していこうと思います。
負け犬の遠吠えになってしまいますので、できれば採用されて書きたかったのですが、それでも書いちゃうほど今年のスキームはダメダメでした。
福岡県のNPOの皆さんは一度考えてみてはいかがでしょうか。

あー、誰か僕らをうまく使いこなすイケてる行政マンが出てこないかなぁ。



このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

crik理事長日記

SPECIAL

 昨年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。特定非営...

13.1.1

crik理事長日記

WORKS

今日から新しい年度がはじまります。NPO、デザイン会社ともに...

11.4.1

crik理事長日記

WORKS

被災された方、お見舞い申し上げます。ニュースの記事を見ると、...

11.3.12

crik理事長日記

SPECIAL

今、九州コミュニティ研究所は筑前七浦というプロジェクトに参加...

11.3.2

"ローカル"に関する記事

「福岡市都市景観賞」を中心とした景観への意識高揚事業

PROJECT

以前、CRIKPRESSの中でご紹介した「FUBA」を覚えて...

18.10.20

地域コミュニティ活性化

PROJECT

気づけば10月です。あっという間。早いですね! 秋といえ...

18.10.10

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

芸術の秋ですね。この季節になると、食を楽しみ、季節の移ろいを...

18.10.1

防災について考える

SPECIAL

このたびは北海道胆振東部地震により、被害を受けられた皆さまに...

18.9.9

©2018 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   教育   アート   子ども   公園   都市   歴史   環境   ブランディング      健康   道の駅