Crik Press

CONTENTS

crik理事長日記

WORKS

こんな時にNPOであることをもう一度考える。

11.3.12

被災された方、お見舞い申し上げます。

ニュースの記事を見ると、とんでもなくネガティブな数字が目に飛び込んできます。
これが事実だとすると(本当はもっととんでもない被害なのでしょうけど)、
これから僕たちはどこに向かって何をしていけばいいんでしょう?

ネット上では、思ったより暖かい輪が広がっています。
これが、次へのヒントなのかそれともネットならではのアウトプットなのかは、
前例がないので誰も分かりません。
この暖かさを、現実の自分の生活を変えてでも広げていくことは、とても勇気がいることのように感じます。

だから、あらかじめその勇気を持っていることを明言しているNPOが、何かをするべきな気がします。
もう一度、よく考えてデザインを選択した僕たちが何ができるかを考えてみたいと思います。

このプロジェクトの過去の記事

すべての記事をみる

crik理事長日記

SPECIAL

 昨年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。特定非営...

13.1.1

crik理事長日記

WORKS

9/1、正式ではありませんが福岡県の提案事業『新しい公共』の...

11.9.1

crik理事長日記

WORKS

今日から新しい年度がはじまります。NPO、デザイン会社ともに...

11.4.1

crik理事長日記

SPECIAL

今、九州コミュニティ研究所は筑前七浦というプロジェクトに参加...

11.3.2

"NPO"に関する記事

地域コミュニティ活性化

PROJECT

気づけば10月です。あっという間。早いですね! 秋といえ...

18.10.10

福岡市博物館ブランディング事業

PROJECT

芸術の秋ですね。この季節になると、食を楽しみ、季節の移ろいを...

18.10.1

防災について考える

SPECIAL

このたびは北海道胆振東部地震により、被害を受けられた皆さまに...

18.9.9

ミニふくおか

PROJECT

“We Build The City&rdquo...

18.8.24

©2018 NPO Community Reserch Institute of Kyushu.
タグ一覧
市民活動   NPO   メディア   デザイン   ローカル   まちづくり   文化   空間   教育   アート   子ども   公園   都市   歴史   環境   ブランディング      健康   道の駅